外資系企業で働く社員に求められる能力は?

外資系企業で活躍するうえで知っておきたいこと

外資系企業は、世界各国において金融や情報通信、飲食などの様々な事業を扱っており、経営上の安定性が保たれているところが多くあります。そこで、外資系企業に的を絞って転職活動に励みたい場合には、各企業から求められるポイントを早いうちに理解することが大事です。特に、ヨーロッパや東南アジアなどに進出をしている外資系企業に勤める場合には、転勤の回数が多くなることがあるため、臨機応変に対応ができる人材が好まれます。また、英語や中国語など国際的にニーズの高い言語をビジネスレベルまで習得することで、就職試験の際に有利に働くことはもちろん、社内の様々な部署で重宝され、昇進や昇格などの際にプラスに働くこともあります。

外資系企業の人事評価のシステム

外資系企業は、日本企業よりも成果主義の人事評価のシステムが導入されているところが多く、実務経験の長さよりも、職場での成功実績が重視されやすい傾向があります。また、ボーナスの算定の際にも、営業成績や上司からの評価が直に反映されやすく、ポテンシャルの高いビジネスマンにとって、働きやすい環境となっています。最近では、大手の外資系企業の採用試験の際に、海外勤務を見据えて英作文や英会話などの語学力を重視する外資系企業が増えています。そこで、外資系企業に転職を考えている場合には、、事業内容や職場での働き方などから、関心を持った企業のセミナーや説明会などに積極的に顔を出すことはもちろん、担当者に質問をすることが有効です。

英語で履歴書を書くことで英語力をアピールすることができます。特に外資系の企業では英語力が求められるため、効果的です。

© Copyright Suitable Foreign Company. All Rights Reserved.