外資系企業と日系企業の違いは?

外資系企業はシンプルで実力主義

外資系企業はやはり、一般的な日系企業に比べると実力主義の傾向が強いです。外資系では、社員ひとりひとりの職務内容や仕事の範囲がきっちりと決められていることがほとんどです。そのため、その職種のプロとして仕事に集中することができますが、同時に結果も求められます。例えば営業として入社したのであれば、新人であろうと下積みのような仕事は一切せず、物を売ることで結果を出さなければなりません。結果がすべてなので、自分にあったやり方で仕事を進めることができるという点では、自由度が高いです。また、外資系は比較的転職がさかんで人の出入りが多く、多種多様な人が集まるので、その企業独特のカラーというものはあまり存在しません。暗黙のルールのようなものもなく、人間関係もさっぱりしていてシンプルです。外資系は、効率よく働いて成果を出し、より良い条件の環境を求めて、能動的に動ける人に向いていると言えるでしょう。

日系企業は丁寧に社員を育てる

一方日系企業は「長く働いてもらう」ことを前提に、新卒で入社した社員を丁寧に育てる特徴があります。新人研修ではビジネスマナーから親切に指導し、その後も一定期間は先輩社員がついて仕事を進めることが一般的ですよね。また、中途採用よりも新卒採用を熱心に行っている企業が多く、ひとつの企業に長く勤める文化が浸透しており、企業のカラーがはっきりしています。そのため社員同士の団結力が強く、ひとりひとりが結果に向かって働くというよりは、皆で助け合いながら働く傾向があります。また、日系の総合職の場合、部署や仕事内容が2~3年ごとに変わることが多く、様々な仕事を経験することができます。日系では、手厚い研修と様々な仕事を通して、オールマイティーな能力を身につけることができます。

© Copyright Suitable Foreign Company. All Rights Reserved.